恋愛

0日婚でも恋したい4話目ネタバレ・あらすじを紹介

青山りささんのTL(ティーンズラブ)コミック『0日婚でも恋したい』の4話目ネタバレ・あらすじを紹介します。

3話では、幼馴染の隼人はやとからの突然の告白があり、動揺してしまう郁香ふみか

そんな郁香ふみかの気持ちを冷静に対処する汐祢しおねでしたが、汐祢しおねへの好きという感情が抑えられくなってしまった郁香ふみかは一人泣いてしまうのでした。

4話で二人の関係性はどうなってしまうのか?

以下ネタバレになりますので、ご注意ください。

\ 0日婚でも恋したいがお得 /
【DMM.com 電子書籍】

0日婚でも恋したい4話目ネタバレ・あらすじ

仕事に打ち込む郁香

汐祢しおねとどう接していたらいいのかが分からない郁香ふみかは、仕事に一生懸命打ち込みます。

周りのスタッフもからも顔色を心配されるほど、休みなく働いている郁香ふみかに、幼馴染の隼人はやとは先日の告白の件を謝ります。

「…悪かったな。あの時は感情的になりすぎた。おまえがあいつと結婚したのは『和くら』のためでもあるのに、なんの力もない俺が選んでくれなんて言える立場じゃないよな。…忘れてくれ。仲間として俺にできる形で支えようと思っているから、あんまり一人で抱えすぎるな」

郁香ふみか隼人はやとの素直な思いを聞き、自分は何をやっているんだろう、汐祢しおねのことも好きな人である前に、ビジネスパートナーとしてこれから向き合っていかない人なのに…と、自分の女将としての立場をもっと意識しないといけないということを再認識するのでした。

汐祢の姿を見て隠れる郁香

和くらに訪れた汐祢しおね郁香ふみかがどこにいるのかスタッフに聞こうとするも、汐祢しおねの姿を見つけた郁香ふみかはとっさに隠れてしまいます。

汐祢しおねと顔を合わせてもきっと上手に笑えないと思った郁香ふみかは、気まずさもあり、今日は和くらに泊まっていくというメールを送ります。

汐祢から強引に押し倒されてしまう郁香

郁香ふみかが和くらにある部屋の一室で仕事をしていたところ、コンコンというノックがあり、開けてみるとそこに立っていたのはまさかの汐祢しおねでした。

「どうしてここに…?」

と驚きを隠せない郁香ふみかの問いに対し、

「朝から仕事で走り回ったうえに泊まりだっていうから、何か手伝えることがあればと思って」と答えた汐祢しおねでしたが、実は郁香ふみかが自分のことを避けていることに気付いていました。

「君がなんで泣いているのか、どうして避けられているのか分からない。俺が何か君が不快になることをしたのなら-」

突然の汐祢しおねの来訪にまだ心の準備ができていない郁香ふみかは返答に困ってしまいます。

ちゃんと目を見て話してほしいという汐祢しおねは、郁香ふみかに自分の顔を近づけ、強引にキスをします。

流れで郁香ふみかを押し倒した汐祢しおねですが、いつもより苛立った荒々しい手つきに郁香ふみかは動揺し、「汐祢しおねさん…!」と、少し大きな声を出してしまいます。

「ごめん…」

一言謝った汐祢しおねは、部屋を出ていくのでした。

別れ話からの抱擁

ごめんと言った汐祢しおねの表情が、なんだか傷ついているように感じた郁香ふみかは、あとを追いかけます。

汐祢しおねは何も悪くないのに、あんな顔をさせてしまい、本当に自分は何をしているんだろう。

このままじゃダメだ。謝らなければ。

汐祢しおねに追いついた郁香ふみかは、ごめんなさいと謝ろうとするも、汐祢しおねは「俺ともう別れたい?」と郁香ふみかに問いかけます。

「俺といるのが苦痛とか、他に好きな人がいるなら俺には君を縛る権利なんてないし、離婚するしかないのかもしれない。」

突然の別れ話に郁香ふみかは「別れたくない…!」とついに本心を言うのでした。

「好きなの…。旅館のためとか関係なくて私は汐祢さんが…」

驚いた表情の汐祢しおねに、郁香ふみかは話を続けます。

「でも汐祢さんはきっとそうじゃないから、ただの仕事のパートナーで私がほかの男の人といても気にならないくらい、好きになればなるほどそれが苦しくて、こんな気持ち知られたら重いって引かれると思ったから-」

あふれ出た郁香ふみかの思いを聞いた汐祢しおねは、郁香ふみかをそっと抱きしめます。

お互い別れたくないと思っていた

郁香ふみかを抱きしめながら、汐祢しおねは優しく話し始めます。

郁香ふみかがもし自分と別れたくなってしまったら、そのときは手を離してあげなきゃと思っていたけど、今は嫌だと思っていること、避けられていることに耐えられなくて感情的に動いてしまっていること、今まで経験したことのない感情を持っていること。

「…俺は別れたくない。だから…そばにいてくれないかな」

汐祢しおねの口から別れたくないという言葉を聞いた郁香ふみかは涙をとめることができずキスをします。

汐祢しおねが自分に抱いている感情が恋なのかどうかは分からないけど、汐祢しおねのことが好きなままでそばにいれるならそれだけで幸せだ…郁香ふみかはキスをしながらそんなことを考えてしまうのでした。