恋愛コラム

社内恋愛を『おすすめする理由』と『おすすめしない理由』既婚している上司を好きになってもいいのか?

社内恋愛をおすすめする理由

社内恋愛をおすすめする理由は、なんといっても出会いが少ない人にとっては、出会いを探しに出歩く必要がないということです。

恋愛をする手段として代表的なものに『合コン』、『マッチングアプリ』などがありますが、これらは自分が”恋人が欲しい“という強い意志をもって行うものです。

対して社内恋愛気付いたら相手のことを好きになってしまっている、といったパターンが多く、ごく自然に恋愛に発展するケースが非常に多いです。
※人によっては社内恋愛がしたくて、社内恋愛が多い会社にあえて就職する人もいますが

ですので、自然と好きになってしまった事実を『社内恋愛だからやめとこうかな・・・』などの理由で自分の気持ちに蓋をしてしまうのは非常にもったいないです。

出会いというのは人によってはなかなかあるようでないものなので、一つ一つの出会いを大切にした方が将来後悔しない可能性が高いです。

また、お互い社内恋愛をした際にバレたくないという気持ちで付き合った場合、ドキドキ感・スリルが味わえるので社外恋愛よりも興奮するという楽しみ方もあります。

社内恋愛をおすすめしない理由

社内恋愛をおすすめしない理由はいくつかあります。
それは以下の通りです。

・社内でされるかもしれない
・バレないようにするのが難しい
・もし別れた場合に気まずくなる
・バレたら周りに気を使わせることになる

社内で噂されるかもしれない

付き合っているのがバレてもいいという人にとっては、気にしなくてもいいかもしれませんが、付き合っていることを隠したいと思っているカップルだと、周りにバレないようにする必要が出てきます。

特に女性は勘がするどい人が多いので、自分が知らないところで誰かに噂されている可能性もあります。

オープンな関係ではないからこそ、こういった噂、悪く言うと陰口のようなものを叩かれることもありえるので、それがストレスになってしまう人もいます。

バレないようにするのが難しい

社内で噂されないようにする為には、お互いの関係を必死で隠す必要がありますが、これがなかなか難しいです。

先ほども述べましたが、女性は勘がするどい人が多いです。

ちょっとした二人の仕草、例えばアイコンタクトやすれ違った際のやけによそよそしい感じなど、隠そうとすればするほど不自然な挙動になってしまうことが多いため、そこを怪しまれる可能性があります。

飲み会の席などで一緒になった場合なども、上司や周りの同僚が〇〇さんって彼氏いるの?△△くんは彼女いるの?といった質問をされた場合に、突然聞かれるとボロが出たりすることがあるので、あらかじめこういう質問をされた場合はこう返す、といったルールを二人で決めておく必要なども出てきます。

もし別れた場合に気まずくなる

みんながみんな付き合った人とそのままゴールイン、結婚できるわけではありません。

学生のときと違って、社会人で付き合ったらそのまま結婚する確率は高いですが、それでも絶対結婚できるという保障はありません

二人とも部署が違っていて、普段は職場でほとんど顔を合わせることはないというのであればさほど問題にはなりませんが、ほぼ毎日顔を合わせている場合、別れた後が非常に気まずくなります。

もちろん円満に別れたのであれば、別れた後もただの同僚として接すれば問題ありませんが、多くのカップルは円満に別れるということは少ないのが事実です。

また、年が近い同僚であればただ単に気まずい関係ということで終わることが多いですが、これが上司と部下という関係だった場合、別れ方によっては思わぬ事態になることもあります。

それは、別れた後に部下が上司から正当な評価をしてもらえなくなる、といったケースです。

こんなことは本来あってはならないことですが、上司も人間です。
人間は感情を持っている生き物なので、どうしても感情に左右されてしまうことがあります。

仮に部下から一方的に別れを切り出されて、上司が納得できないまま別れることになった場合、上司はどんな気持ちになるでしょうか。

自分に魅力がなかったんだからしょうがないか・・・

と思ってくれるような感覚の人なら何も問題ありませんが

こんなに真剣だったのに意味が分からん!アイツの評価はこれからずっと低くしてやる!

と思われる可能性だってあります。

評価の妥当性をチェックしてくれる機関がないような小さい企業だと、上司の評価がそのまま部下の評価、つまり給与に反映されてしまう為、不当な評価をされ続ける可能性があるのです。

こうなってしまうと、どれだけ頑張っても上司から評価されることはなくなり、給与も上がらない為、最終的には職を変える必要が出てくる場合もあります。

社内恋愛をするということは、別れた後のリスクも考えておく必要があります。

既婚している上司を好きになった場合は?

好きになった相手が上司で、さらに既婚者だった場合、悪いことは言わないので諦めた方がいいです。

最悪の場合、裁判ざたになってしまいます。

上司ではなく、相手が同じくらいの立場の同僚であったとしてもやめておいた方がいいでしょう。

もし仮に付き合うことができた場合、相手は浮気、不倫、二股をしていたということになります。

それは裏を返せば将来同じことを自分がされる可能性があるということなのです。

もしスリルを味わいたいが為に社内の既婚者を狙うのであれば、絶対にバレないという自信がない限りはおすすめしません。

リスクがあまりにも大きすぎます。

スリルではなく、上司がお金を持っているから近づきたいというのであれば、お金持ちはもっと他に沢山いますし、もっと簡単に出会うことができますので、あえて危険な橋を渡るようなことはしない方がいいです。

【関連記事】
金持ちの男を落とす方法(見分け方や特徴を解説)